サイト管理人

料理や家事に隠された科学を考えるのが好き。有機化学が専門の凝り性な理系男性。理学修士。

この記事では、クエン酸水溶液の実測pH値を公開しています。

家事の科学 料理・食品の科学

クエン酸水溶液のpH【濃度別の実測値を公開】

クエン酸は、弱酸のなかでは強めの酸です。水溶液のpHは、掃除に使われる程度の濃度なら2程度ですが、高濃度では1を下回ります。この記事では、クエン酸水溶液の実測pH値を公開しています。

この記事では、クエン酸の化学式(構造式)や性質を解説します。

家事の科学 料理・食品の科学

クエン酸の化学式・構造式や性質を詳しく解説🍋

クエン酸は酸味をもたらす食品成分である一方、水垢などを落とす酸性洗剤としても使われます。この記事では、身近な酸であるクエン酸の化学式(構造式)や性質を解説します。

この記事では、5種類の食酢のpH測定値や、料理での酢の働きを紹介します。

料理・食品の科学

酢のpHはいくつ?食酢の酸性の強さ・料理での働きを紹介

お酢のpHは2台後半~3前後で、種類により多少異なります。この記事では、穀物酢、米酢、純玄米黒酢、りんご酢、白ワインビネガーのpH測定結果を公表。酢がアルカリ性食品である理由も解説します。

この記事では、魚を捌く時に使う、血合い取りに適したささら・ブラシを紹介します。

レビュー・紹介

魚の血合い取り用🐟ささら・ブラシ3種類を紹介

魚を捌く時の、血合い取りに適した「ブラシとささら」を紹介します。樹脂製なら、魚に使っても衛生的です。人気YouTuber『きまぐれクック』かねこさんが使っている製品もあります。

この記事では、渋柿の渋抜き方法と、渋みに関する科学や雑学を紹介します。

料理・食品の科学

渋柿の「渋抜き」大全~実用的方法から原理・渋み成分まで

渋柿は渋み成分タンニンをもち、熟してタンニンが水溶性から不溶性になると渋が抜けます。この記事ではアルコールを使う簡単な渋抜き方法と、渋抜きの原理・渋み成分の科学を解説します。

京セラセラミックミルCM-10N

レビュー・紹介

京セラのセラミックミルをレビュー🧂(胡椒・岩塩・ゴマ用)

京セラのセラミックミルCM-10Nシリーズの実用レビュー。スパイス用、結晶塩用、ごま用の3種類を紹介。手軽に買えるスタイリッシュなミルです。楽しく美味しい料理のため、ご家庭向けにおすすめです。

ヒアリを防ぐワサビ!研究者の「小さな」一工夫とは

料理・食品の科学

ヒアリが嫌がるワサビの成分アリルイソチオシアネート

あのヒアリを「ワサビ」で防ぐ。そんな研究結果が発表されました。なぜワサビ?アリルイソチオシアネートとは?動画へのリンクあり。

この記事では、ハイターについて科学的解説を行います。

家事の科学

ハイターについて徹底解説!使うコツから成分の科学まで

ハイターは次亜塩素酸ナトリウムという成分で、汚れを酸化して分解します。ハイターで落ちる汚れの見分け方、似ている洗剤の違い、効果的使用のポイントなど、化学が専門の筆者が詳しく解説します。

アリルイソチオシアネート-わさび辛味成分の化学

料理・食品の科学

アリルイソチオシアネート-わさび辛味成分の化学

「ヒアリが嫌がる」というニュースで話題のわさび。食べた時に「ツーン」とくる辛味のその正体は、アリルイソチオシアネートという成分です。アリルイソチオシアネートに関する様々な情報を紹介。

お米に甘みがある理由イラスト

料理・食品の科学

ご飯・お米の甘味成分は麦芽糖(マルトース)

ご飯は、よく噛むとほのかに甘味があります。その甘味の成分は、デンプンから消化酵素により生じる「麦芽糖」という糖類です。この記事では、ご飯(お米)に甘味がある理由・仕組みを解説しています。

この記事では、味覚を構成する5つの味覚「五味」を中心に、味覚について解説します。

料理・食品の科学

5つの基本的な味覚「五味」を詳しく解説

五味とは「甘味・酸味・塩味・苦味・うま味」の5つの味覚です。ヒトが味を感じる意義や仕組みなど、味覚について詳しく解説します。

© 2020 kagakucook.com