魚の血合い取り用🐟ささら・ブラシ3種類を紹介

2019年12月30日

この記事では、魚を捌く時に使う、血合い取りに適したささら・ブラシを紹介します。

魚を捌く際、血合いを綺麗にするブラシなどがあれば、手早くきれいに捌けます。

この記事では、YouTuber『きまぐれクック』かねこさんも使用の2製品を含め、魚用にピッタリなささらやブラシを3つ紹介します。

魚の血合い取りにおすすめ「ささら・ブラシ」3種類

この記事では、写真にある3種類のささらやブラシを紹介します。写真の左と中央は、YouTuberの『きまぐれクック』かねこさんが、動画中でも使われている製品です。
この記事で紹介する3つのささら・ブラシです。

PP魚の内臓取り ササラは、日本古来の洗浄道具「ささら」を、樹脂素材にした製品です。従来の竹製のささらと異なり、水分や汚れが浸透しにくく、汚れやすい魚の捌きでも衛生的に使えます。
素材はコシがありつつも柔軟なので、持ち方や握り方次第で、魚のサイズに合わせ、使用部の太さの調整がききます。

ヴァイカンのブラシは、デンマーク製で、日本を含めて世界中の食品工場などで使われています。高品質で信頼性が高く、熱湯消毒も可能です。
ネイルブラシは、まな板なども洗える大きめのサイズです。魚の血合いに使う場合、中~大型魚に向きます。

ディテールブラシは、狭いすき間にも対応できる、細めのブラシです。細身ですが、歯ブラシに比べればかなり大きめのサイズで、しっかりと力を入れて洗える強度があります。

続いて、早川工業のささらと、Vikanの2種類のブラシを、順に詳しく見ていきます。

『きまぐれクック』かねこさんも愛用の「ささら」

ささらとは、竹や細い木を束ねて作られる日本古来の洗浄器具です。魚専用の道具ではないものの、鮮魚店や飲食店の厨房では、魚を捌く際の血合い取りに頻用されます。

しかし、竹で作られた伝統的なささらは、汚れや雑菌が残りやすく、衛生面には不安もあります。

YouTuber『きまぐれクック』のかねこさんも愛用の「PP魚の内臓取り ササラ」は、魚の血合い用に作られた、樹脂製の衛生的なささらです。

和歌山県にある「早川工業」生産の日本製品です。
和歌山県にある「早川工業」生産の日本製品です。
  • 和歌山県にある「早川工業」生産の日本製品です。
  • 全長19cmのブラシ素材を、ステンレス製の針金で結束。束ねた部分の直径は約23mm。タコ糸素材の輪っか付きです。
  • ブラシ部分の一本一本は、断面が十字型です。血合いにしっかりと引っかかり、かき取ってくれます。

きまぐれクックにささらが初登場した動画

かねこさんが初めてささらを紹介したYouTubeの動画です。(途中のささら紹介シーンから再生されます)

Vikan(ヴァイカン)のブラシ

デンマークに本社を構えるVikan(ヴァイカン)は、高度な衛生管理を要する食品業界向けに、ブラシなどの清掃ツールを提供するグローバル企業です。創業110年以上の歴史を持ち、現在では約70か国に製品を輸出しています。(日本の総代理店はキョーワクリーン株式会社)

主に食品工場などで使用されるVikan製品ですが、ネット通販では個人での購入も可能です。

Vikanのブラシの特徴は、非常に高い品質と安全性です。汚れにくく握りやすいデザインを追求し、EUやFDA(アメリカ食品医薬品局)の要件を満たした、耐久性・耐薬品性の高い素材を使っています。

ブラシ全体を煮沸消毒でき、汚れや雑菌の気になる調理後も、手軽に除菌ができます。

Vikan製品のなかでも、魚の血合い取りにおすすめなのが、「ネイルブラシ」(きまぐれクックにも登場)と「ディテールブラシ」です。
Vikanのネイルブラシとディテールブラシです。

Vikanのネイルブラシ

ネイルブラシは、本来は爪や指先を洗うための製品です。手洗い用のため、ブラシが硬すぎず、魚に使っても傷つけにくいのです。

握ると抜群のフィット感があり、ほどよい重みを利用して、軽い力でこすり洗いできます(筆者実測:104.6g)。
Vikanのネイルブラシは、非常に握りやすいデザインです。

本体はほどほどの大きさがあり、魚の血合い取りとしては、大きめの魚で活躍するでしょう。

血合い取りのほかにも、魚を捌く前に魚体をざっと洗ったり、魚で汚れたまな板を洗ったりと、広い用途に使えます。

Vikanのブラシは煮沸消毒が可能です。実際に2つのブラシを鍋の中で3分間、弱火で煮沸してみましたが、形状や質感に変化は見られません。オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)による、121℃の加熱処理にも対応しています。
Vikanのブラシを煮沸消毒中の写真

関連リンク
ヴァイカン ネイルブラシ|キョーワクリーン株式会社
代理店公式の商品紹介ページです。

Vikanのディテールブラシ

ディテールブラシは、柄がついたタイプのブラシです。ネイルブラシと同等の毛束が、横に2列だけ並んでいます。毛の1本1本は、ネイルブラシより太めの素材です。比較のために、ネイルブラシと歯ブラシを並べています。
ディテールブラシの拡大画像

ネイルブラシより毛の長さは2mm程度短く、触った感じは少々硬めです。細いブラシの非力さを、毛の硬さで補う設計なのでしょう。Vikan製品は少々高価ですが、このように、製品ごとに最適な素材や設計がなされています。
ディテールブラシとネイルブラシの比較写真

Vikanディテールブラシの紹介動画です(代理店公式)。

実際に魚を捌いて、ささらをレビュー

この章では、早川工業の「PP魚の内臓取り ササラ」を実際に使用してレビューします。血合いの取りやすさやのほか、メンテナンス性にも注目します。

「PP魚の内臓取りササラ」で血合いを取ってみた🐟

実際に魚をさばいて、ささらで魚の血合いを取ってみました。この先、血合いの画像があるので、苦手な方はご注意ください。

ブリをさばいていく40センチちょっとのブリの幼魚(天然)です。このサイズなら、イナダ、ツバス、ヤズなど、地域により様々な呼び方があります。

魚の血合いを取る前

頭を落として内臓を取ると、血合いが見えます。血合いの膜に切れ目を入れ、今回の主役ささらを使って洗います。

ささらで魚の血合いを取った様子

血合いがかなりキレイに落ちました。ブラシ一本一本のコシが強く、とても使いやすいです。

太めで使いにくそうに見えるかもしれませんが、必要な本数だけ束ねて持ったり、斜めに持ったりすることで、広いサイズの魚に対応できます。

豆アジやイワシなど、特に小さな魚に限っては、製品が大きすぎるため使いにくさもあります。その場合、歯ブラシ(かためが使いやすい)で代用したり、100均などのブラシもおすすめです。

ささらの洗浄・保管

竹製のささらに汚れや水分が残ると、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。樹脂(ポリプロピレン製)なら、汚れや水分が落ちやすく衛生的です。

ささらを使った後は、台所用洗剤や石けんを使いつつ、付着した血合いや組織をしっかりと取り除きます。

どうしても魚臭さは残りやすいですが、臭いや汚れを落とすために、筆者は次のような方法を試してみました。

試したささらのメンテナンス方法
クエン酸水溶液や酢水につけ置き
海水魚の悪臭成分に多いアミン類などを中和で塩にして、水に溶けやすくする。
熱湯消毒
熱湯を沸かして火を止め、ささらを入れて3分間放置。素材の変形・変質等は特になし。
(※耐熱温度等の記載はないので、自己責任にてお願いします。)
ハイターによる洗浄
キッチンハイターを使用法どおりに希釈して約2時間つけ置き。素材の変質等は特になし。
(※こちらも自己責任にて実践をお願いします。)

耐久性などを保証するものではありませんが、ぜひ参考にしてください。

ささら保管時は、写真のように軽く輪ゴムで縛っておくと、ささらの毛が広がるようなクセを防げます。
ササラの保管中は、輪ゴムで軽くしばるとクセで広がらない。

まとめ

ささらやブラシがなくても魚は捌けますが、用意しておけば、ストレスなく綺麗に捌けます。

包丁やまな板のみならず、ブラシのような便利グッズでも、お気に入りのアイテムを探してみてはいかがでしょうか。

-レビュー・紹介

© 2020 kagakucook.com